投稿日:   
カメラ: SIGMA SD1 Merrill
レンズ:

Lumpy(モコモコ)

モコモコ

富士芝桜まつりの芝桜です。訪れたのは二〇一九年四月二九日。天候は生憎の曇り空。雲間から薄日が差すこともあつたり、霧雨も降つたり。此の場所は、芝桜の絨毯の先に富士山を望めるのですが、此の日は五合目付近から下の麓しか見られず、其の上は雲に隠れて仕舞つて居ました。

前日の夕方に自宅を出発しました。富士芝桜まつりの公式ホームページ(http://www.shibazakura.jp/)には、開園時間が午前八時と掲載されて居ました。大型連休中でもあり、開園時間直前は会場周辺の道路が渋滞するのではないかと思ひ、前日から出発して、近くの道の駅で車中泊し、午前八時の開園時間と同時に入園出来る様にしようと考へたのです。

午前五時過ぎに目が覚めて仕舞ひました。まう少し眠れる時間でしたが、寝付けなかつた為、スマホで、富士芝桜まつりのことを検索したところ、日曜日と祝日は午前六時から開園することがあると云ふ情報が目に飛び込むできました。

公式ページの情報ではないので鵜呑みにすることは出来ません。其れでも、騙されたと思ひ、直ぐに行動を開始しました。入園できなくても、ドライブを兼ねて、何処かで朝食を食べることも出来るし、駐車場待ちで道路が渋滞する前に入園することが出来るのであれば、其れは願ったり叶ったりです。結局、既に開園して居り、駐車場待ちの渋滞も在りませんでした。

富士芝桜まつりのホームページに在る様な、芝桜の絨毯と、青空と富士山、と云ふ景色を夢想して居たのですが、それは叶ひませんでした。

頭を切り替へて、芝桜を主役にと考へ、試行錯誤して撮つた中の一枚が今回の写真。同じ種類の芝桜が均一に咲いて居るのも良いですが、様々な種類が其々、自分の居場所を主張する様に種類ごとモコモコと盛り上がつて居る様子も良いものです。