Monthly Archives: 10月 2015

奥庭にて試行錯誤

Nice Morning Near Okuniwa

2015年10月13日奥庭

 此れまで、 seesaa と wordpress.com で同じ題名のブログを書いてきました。デジタル一眼レフカメラを購入したのが切つ掛けでした。自分が撮つた写真をブログに公開することで、撮影技術を向上させることができるのではないかと考へたからです。其の試みが成功してゐるか如何か。少なくとも写真を撮り続けようと云ふ意識付けにはなつてゐたのだと思ひます。
 ブログを始めた当初はほゞ毎日の様に更新をしてゐました。其の頃は、ブログを書くために写真を撮るようなところが有つたのだと思ひます。其の頃は闇雲に写真を撮つてゐました。写真を撮ると云ふよりも、カメラを弄ることが楽しかつたのだと思ひます。ブログを頻繁に更新できたのは、其のためだつたのでせう。
 日が経つに連れてブログの更新頻度が減りました。恐らく、カメラの扱ひに慣れてきたからだと思ひます。カメラと云ふ玩具で遊ぶことに飽きてきたと云つても良いでせう。此の記事を書きながら思ひ至りました。
 だから、前回の記事で掲載した写真の様な状況下での撮影と云ふ無謀なことをして仕舞ふのかもしれませんね。では、具体的にどの様な状況だつたのか。前回の記事と重複するものも有りますが、少し整理してみます。

・天気 快晴、雲ひとつ無い
・撮影場所 富士山奥庭=東経一三八度四二分二八・〇秒、 北緯三五度二三分五・三秒
・富士山山頂 東経一三八度四三分三八・五一五秒、北緯三五度二一分三八・二六一秒
・時間 午前七時から八時
・撮影場所からの太陽方位 一〇九度十五分|一一九度五五分
・撮影場所から富士山山頂方位 一四九度十四分
・広角撮影 焦点距離二〇ミリ程度
・使用カメラ シグマ SD1 Merrill
・使用カメラでの画角 水平六〇・八六八四度、垂直四二・八六度、対角七〇・四八六四度

 

 こゝまで調べて云ひたいことはたゞひとつ。被写体の富士山左側に太陽が入つて仕舞ふと云ふこと。解決策として、太陽を木々で遮る様な場所を探すなり、太陽に雲が掛るのを待つなり、或いは、時間が経過するのを待つなりが必要だと思ひます。
 太陽を隠せて写真全体のバランスに影響を与へない遮蔽物が無いか如何か、勿論、流石の私も探しました。大きな広葉樹が有れば良いのですが、此の場所は富士山の五合目付近で、標高二四〇〇メートル付近です。森林限界付近の標高で広葉樹は疎か、背の高い樹木自体が少ないのです。
 では、太陽に雲が掛るのを待つか。此の日は空全体に雲ひとつ無い快晴。天気が良過ぎるのです。此の選択肢こそ無謀です。
 さうなると、太陽が被写体の周辺から外れるのを待つことになります。午前十一時頃から午後二時頃迄が良かつたのだと思ひます。其の時間帯だと、富士山の上空に太陽が移動するためです。其れでも、相変らず逆光なので、カメラの角度やレンズの画角を間違へるとレンズに光が差し込んで仕舞ひます。
 私は此の日、午後から別の用事が有つたため、其の時間まで待つことができなかつたのです。其のため、半ば強引に撮影に挑んだのでありました。
 今回掲載した写真は、奥庭から一〇〇メートルほど下山した辺りで撮影したものです。此の辺りには背の高い木々が生えてゐて、太陽の陽射しを遮ることができました。写真左側から陽が射してゐるのです。此の写真を撮る際、陽射しを遮つてくれるものが有る場所を探しました。其の上で更に、レンズに陽射しが当たらない様にカメラを設置しました。
 写真中央の黄色く色付いてゐる針葉樹の葉が、朝陽を浴びて黄金に輝いてゐる様子と白樺の白い木肌を狙つたのです。ところが、陽射しの遮蔽に利用した木が陰になつて仕舞ひ、狙つた光景が其の陰に埋もれた様になつて仕舞ひました。
 左側の陰を取り除く様にトリミングしてみても良いかもしれませんね。時間が有ればやつてみませう。

 

参照サイト
・生活や実務に役立つ計算サイト

http://keisan.casio.jp/

・測量計算(距離と方位角の計算)

http://vldb.gsi.go.jp/sokuchi/surveycalc/surveycalc/bl2stf.html

Textwell 1.4.1
分類: 仕事効率化,ユーティリティ
価格: ¥360 (Sociomedia)

iライターズLite – 縦書き日本語入力 1.3.2
分類: 仕事効率化
価格: 無料 (LIGHT,WAY.)

PressSync Pro – WordPress Blogging App 1.6.7
分類: ソーシャルネットワーキング,ユーティリティ
価格: ¥600 (Hiroaki Hayase)

SIGMA SD1 Merrill|株式会社シグマ
HOME > カメラ > SD1 MerrillSIGMA SD1 Merrillには、センサーサイズ23.5×15.7mmのフルカラーFoveon X3ダイレクトイメージセンサー(ジェネレーションネ…

SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM / SIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO HSM – 株式会社シグマ
HOME > レンズ > 標準レンズ > 18-250mm F3.5-6.3 DC MACRO OS HSM従来のSIGMA 18-250mm F3.5-6.3 DC OS HSMの光学設計、機構設計…

h2vR.js – 縦書きを実現するJavaScript – tategaki.info
﹁より簡単に﹂﹁より柔軟に﹂ウェブペ丨ジで縦書き表示を実現するJavaScript “h2v.js” をリニュ丨アルしてみました。設置・設定方法や動作を今までより簡素化することにより、…という具合にな…